2014年06月07日

香川帰省旅行♪ ~ 丸亀城跡へ ~

1日お休みしましたが、先月の帰省旅行記事の続きです[E:flair]


五色台をあとにして、1時間弱のドライブ[E:rvcar][E:dash]

やって来たのは、

125
ここ、

126
丸亀城跡 で~す[E:flair]

私達はお城裏手(?)にある駐車場へ車[E:rvcar]を停めて進んだので、

正面の大手門側の写真[E:camera]は無し。

127
さて、天守へ向かってGO~[E:dash]

128
丸亀城の石垣は日本一の高さとのこと。

129
また、「扇の勾配」と呼ばれる石積みの曲線の美しさでも知られています。

130
右の舗装路が「見返り坂」

131
かなり急な坂を頑張って上っていくと・・・

132
ひらけた場所へ出ました。

133
讃岐富士と呼ばれる「飯野山」が遠くに見えます。

134 
丸亀出身のふたりの勤王の志士を記念しているという

135
勤王碑。

136
もう少し上へと進むと、

137
二の丸跡。

138
更に進むと・・・

139 
天守へとやって来ました~[E:flair]

140
この広場からの眺めです。

141
ワン[E:dog]達も見ています。

142
天守をバックに記念撮影[E:camera]して、

143
戻りま~す[E:dash]

144 
夫と もなか[E:dog]が見上げているのは

145
天守への石垣。

146
もなか[E:dog]も笑顔でポーズ[E:camera]

実は もなか[E:dog] 、ここ丸亀城城跡へ着いた頃は尻尾下げ下げ[E:down]で座り込んだりと

五色台での恐怖体験が精神的に響いていたようだったのですが、

147
途中から、こうして尻尾も上がって[E:up]歩いていたので安心[E:confident]

約1時間ほどのお城探訪でした[E:note]


 [E:flair] おまけ [E:flair]

148
このような顔抜きボードがあったので ワン[E:dog]達のお顔を出して撮ったのですが、

149
失敗[E:down]

もなか[E:dog]のお顔が出ませんでした~[E:sweat01]



posted by こもしば at 10:50| 旅行 | 更新情報をチェックする

2014年06月05日

香川帰省旅行♪ ~五色台へ行ったけれど・・・~

香川帰省旅行記事の続きです[E:flair]


まんのう公園を出たあとですが、次にどこへ行くか、特に予定は立てていなかったのです。

思いつきで、景色が良いであろう場所へと向かうことにしました。

約1時間のドライブ[E:rvcar]で到着した場所は、五色台。

瀬戸内海を望む景勝地のひとつ、ということでしたが・・・

111
何だかとっても寂れています[E:down]

売店らしき建物があるものの、ボロボロで・・・営業している日があるとは思えません[E:sweat01]

112
建物の横手にこのような案内看板があったので、

113
行ってみることにしたのですが、ここで問題発生[E:flair]

何処からか パーンッ という発砲音[E:impact]が聞こえてきたのです・・・[E:bearing]

断続的に聞こえるその音によって もなか[E:dog]が「おとっちゃま」になってしまいました[E:down]

「おとっちゃま」とは 怖がり・臆病者、といった意味。( 詳しくは → コチラ 参照。)

ようするに、ビビリということです[E:sweat02]


座り込んで歩けなくなった もなか[E:dog]を

114
夫が抱っこして進みました。

115
こもも[E:dog]は発砲音[E:impact]なんか全然気にしないよねー。

116
5分くらい歩いたら展望所らしい広場へ出たのですが、

117

118
周りに木々が生い茂り過ぎて、海側を眺められるような感じでは無く[E:sweat02]

119
ここへも発砲音[E:impact]は聞こえてくるので もなか[E:dog]は固まってしまっています。

120
   [E:diamond] もな[E:dog]ちゃん、本当に怖がりなんやねぇ。

母はいつもブログを見てくれているので もなか[E:dog]がビビリなことを知ってはいたのですが、

こんな状態を実際に見るのは初めてだもんねー[E:coldsweats01]


こんなところに居る意味ももう無いので、引き返すことに。

121 
もちろん帰りも抱っこでした[E:coldsweats01]


寂れた売店のある場所まで戻ってきて地面に降ろしたのですが、

122
この状態。

123
いつも元気なブンブン尻尾が、完全にIN[E:flair]


おそらくは害獣除けの音[E:impact]だったのでしょう。

ここへ来たのは間違いだったねぇ[E:despair]

綺麗な景色を観ることも出来ず、ただ もなか[E:dog]を怖がらせに来たみたい[E:down]

124 
ケージに入って、ようやく少し落ち着いたような もなか[E:dog]でした[E:coldsweats01]

移動しま~す[E:rvcar][E:dash]


まだまだ続く[E:wink]


五色台には他にも展望台がいくつかあって、中には本当に眺めの良い場所もあるようです。

ただ、私達が行った「大崎ノ鼻展望広場」は全く手入れされていない場所だったわけで・・・

景色も良くない、もなか[E:dog]はビビる、と、この時点でも行ったことをかなり後悔していたのですが、

この日の夕方、ますます後悔することになったのです。

そのワケは・・・ コチラ をご覧くださいませ。 おそらく、ここで付いたものでしょう。

posted by こもしば at 10:00| 旅行 | 更新情報をチェックする

2014年06月01日

香川帰省旅行♪ ~高知・桂浜へ~ 後編

昨日ひとつめの記事の続きです[E:flair]


5月26日(月曜日) 雨[E:rain]の中、高知県の桂浜水族館を訪れた私達。

この日 入館の時に受付のかたから

「プールの設備修理中なのでイルカのショーはお休みなのですが・・・」

との説明がありました。

057
こちらがそのプール。

左上のほうで作業されているかたが2名、いらっしゃいますねー。

ショーはお休みでしたが、プールには

058
イルカが泳いでいましたよ~[E:note]

059
居るよ、居るよ~[E:note]と見ていると、

060
夫と もなか[E:dog]の立っていた場所へ近付いてきて・・・

061
もなか[E:dog]と目が合った[E:sign02]

挨拶に来てくれたみたいです[E:catface]


そうこうしていると、

062
餌箱を持った職員さんがプールへやって来ました。

練習の時間だったのかな~。

063 
見つめ合って・・・

064
わー、いいなぁ~、私もやってみた~い[E:heart04]

065
普通にジャンプ[E:up]

066
次は、クルクル[E:typhoon]とスクリュージャンプ[E:up]

そして、

067
背面ジャンプ[E:up]

068
興味深げに見ていた もなか[E:dog]でした[E:smile]

ショーはお休みということでしたが、練習でも少し見ることが出来てラッキー[E:note]でした。


さて、そろそろ帰ろうか・・・と思っていた時、

069 
あっ[E:flair]

070
ペンギンがお散歩してる~[E:happy02]

ヒョコヒョコ歩いて可愛い[E:heart01]

071
気付いた もなか[E:dog]がオスワリして待っていた・・・のはココまで。

次の瞬間 激吠え[E:annoy]を始めたので強制退場(夫が抱っこ)[E:danger]

こもも[E:dog]は大人しくしていたからか、

072
こんなに近くで見せてくれました~[E:scissors]


帰り際に桂浜を1枚[E:camera]

073
雨[E:rain]じゃなければ右奥に見える岩場の上まで歩いて行きたかったんだけどねー[E:down]

次の機会を楽しみにしておきましょう[E:confident]

posted by こもしば at 08:47| 旅行 | 更新情報をチェックする

2014年05月31日

香川帰省旅行♪ ~高知・桂浜へ~ 前編

昨日の記事の続きです[E:flair]


2泊3日の帰省旅行の2日目(26日)。

朝起きた時には曇り空[E:cloud]だったけれど、天気予報ではこれから雨[E:rain]になるらしい。

雨[E:rain]じゃあ観光なんて無理よね・・・[E:down]

でも、せっかく四国へ来ているのにお家で篭っちゃうのも残念だし、

思い切って出掛けることにしました[E:smile]

母も一緒に車[E:rvcar]に乗って、GO~[E:dash]

向かうは高知県[E:flair]


高速道路も通ってはいるのですが、下道でのんびり。

山道を進んでいると徐々に降り出しました[E:rain]

途中 道の駅など何か所か寄り道しましたが、ワン[E:dog]達は車内で待機です。


目的地近くまで来た時に少し小降りになって、ちょうど公園らしい場所があったので

そこでワン[E:dog]達のトイレ[E:toilet]休憩することにしました。

038
お天気良かったらゆっくり歩きたいところなんだけどね・・・

039
することしたら、さっさと乗車です[E:think][E:sweat01]

そして、人間組はここで昼食[E:restaurant]

040 
高知の郷土料理の「田舎ずし」

途中で寄ったスーパーで購入しました。

雨[E:rain]でも高知へ来たかった理由のひとつがこれ[E:sign01]

041
うす甘く炊いたタケノコやコンニャクが具のにぎりずし。

すし飯は柚子酢で味付けされているんです。

優しいお味で美味しいの~[E:heart04]


お腹も満たしたところで、先へ進みま~す[E:rvcar][E:dash]

042 
目的地の桂浜へ到着[E:scissors]

でも、すごい雨[E:rain]です・・・

043
駐車場へ車[E:rvcar]を停めてワン[E:dog]達も降ろし、

お土産物屋さんのあいだを一緒に歩き抜けます。

044 
雨[E:rain]の中、どこへ向かったのかというと・・・

045
桂浜水族館です[E:flair]

ここは、

046
ワン[E:dog]連れOK[E:ok]なんですよ~[E:wink]


入館してまず目に入ったのは

047
こちらの魚。

048
幻の魚と言われていた「アカメ」です。

049
光が当たると目が赤く光るんですよ~[E:flair]

050
アカメとウミガメの水槽。

051
動きの速い魚は綺麗に撮れないなぁ・・・[E:sweat01]

052
熱帯魚。

053
クラゲ。


飼育係のかたがヌマガエルに餌を与えていたところ、

054
私にも~、と オスワリして待つ こもも[E:dog]でした[E:coldsweats01]

もちろん貰えませんでしたヨ。

ちなみに餌はキビナゴを小さく切ったものだそうです。

055
クジラの骨標本の部屋もありました。

056
オキゴンドウの頭骨、大きいねぇ。

こもも[E:dog]、食べられちゃうよ~[E:sweat01]


後編へと続く[E:paper]

posted by こもしば at 09:47| 旅行 | 更新情報をチェックする

2014年05月30日

もなかは『おとっちゃま』 ★ 香川帰省旅行♪ 番外編 ★

今回、香川の私の実家へは2泊させてもらったのですが、1日目(25日)の夜。

たまたま点けていたテレビ[E:tv]の番組で、香川の方言の意味を問うクイズをしていました。


ところで、「私の実家」と言っていますが 香川の家は私が就職・独立した後に建てられたものです。

今は亡き父は転勤のある仕事をしていたので、それまではずっと社宅住まいでした。


私が生まれたのは高知。

その後、香川 → 福岡 → 香川 → 高知 → 京都、と転勤による転居がありました。

一番長く居た場所は、就職して一人暮らしを始めた 京都市 です。


ずっと香川で生まれ育ったわけではないので あん餅雑煮も食べた事は無かったし、

今はあまり使われていないらしい古い方言も知りませんでした。

香川暮らしが長くなった母もその方言は知らなかったようですし・・・[E:coldsweats01]


翌日(26日)。

天気予報では雨[E:rain]とのことでしたが、まだ降り始めてはいませんでした。

朝のお散歩に出たのですが、ある場所を通り掛かったあとの もなか[E:dog]の様子がオカシイ・・・

グイグイ引っ張って歩くので「なに急いでるんだろう?猫[E:cat]でも見つけたかな?」

と思ったのですが、どうも違う。

215
尻尾を下げてその場から逃げるようにグイグイと歩く。

そう、この時の もなか[E:dog]は前日のテレビで知った香川の方言 『 おとっちゃま 』

の状態だったのです[E:flair]


『 おとっちゃま 』 ・・・ この方言をご存知の方はいらっしゃるでしょうか。

「臆病者」や「怖がり」といった意味だそうです。

この時の もなか[E:dog]はまさに おとっちゃま。

怖くて怖くて 早く帰りたくて、パニックになりつつ歩いていたのです。


何がそんなに怖かったのか。

たぶんですが・・・ゲートボールの音らしいのです。

ちょうど様子がおかしくなった時に歩いていた場所の横で、プレーしていたので[E:sweat02]

「カコーン!」という音がそんなに怖かったの??

もなか[E:dog]が怖いのは発砲音だけじゃなかったんだぁ・・・[E:despair]


この日の夕方も、次の日も、同じ場所辺りを散歩しようとしたのですが、

怖い場所だと覚えてしまったようでダメでした[E:down]

もうゲートボールプレーヤーは居ませんでしたけどね~[E:gawk]

216 
どうしてそんなに怖いのかねぇ[E:sign02]

217
   [E:dog][E:dog] さぁねぇー。

218 
今は安心して眠れているから・・・

219

220 
良いか[E:confident]

posted by こもしば at 22:10| 旅行 | 更新情報をチェックする

香川帰省旅行♪ ~ 屋島へ ~ 後編

香川帰省旅行記事・第2話です[E:flair]


25日(日曜日)、私の母と一緒に屋島を訪れました。

開運・厄除けの「瓦投げ」をしたあと、

023
売店で飲み物を買って、小休憩することに。

024
ラムネで~す[E:note]

025 
ここは「獅子の霊厳」

瀬戸内海随一の展望といわれ 遠くに瀬戸大橋も見えるはずなのですが、

026
この日は靄っていて全く見えませんでした~[E:sweat01]


そこから少し進んだところに

027 
お茶屋さんがあり、

028
「ワンちゃんOK!」の看板を見て、嬉しくて入っちゃいました[E:happy01]

029
そして、3人揃って注文したのはお雑煮なのですが、

030
お餅の中に餡子が[E:sign03]

031 
香川のお雑煮は「白味噌に餡餅」なんですね~[E:flair]

話には聞いていましたが、実際に食すのは母も私も夫も初めてのこと。

怖いもの見たさ[E:sweat01]のような気持ちで食べてみたのですが・・・予想外に美味しい[E:wobbly]

『塩キャラメル』とか甘塩っぱいもの、流行りましたよね。

そんな感じで結構イケました[E:note]

032 
お店の名前は何かなぁ、看板が無いな・・・と眺めていて、

お店の右側に注目[E:eye]

033
ここって ペットと泊まる屋島のお宿 桃太郎 さんだったのね~[E:flair]

このお宿へお泊りしたっていうワンコ[E:dog]さんのブログ、ちょくちょく目にしていました。

私達が あん餅雑煮をいただいたのは「桃太郎茶屋」。

だからワンコ[E:dog]OKだったんだぁ~[E:note]

034
初めての味を楽しんだあとは、駐車場へ戻って帰宅です。


屋島でいっぱい歩いてはいたのですが、夕方には実家の近所をお散歩。

035 
池の周りに黄菖蒲が咲いていました。

036
天満宮の前で。

037
香川1日目はこんなふうに過ごした こもも[E:dog]と もなか[E:dog]です[E:smile]


翌日ですが、旅行前に確認した予報では雨[E:rain]になるらしい[E:down]

さて、どうなることやら・・・

次回へ続く[E:paper]

posted by こもしば at 09:12| 旅行 | 更新情報をチェックする

2014年05月29日

香川帰省旅行♪ ~ 屋島へ ~ 前編

25日(日曜日)、午前8時頃に自宅のある姫路から出発[E:rvcar][E:dash]

こもしば母の暮らす香川県を目指しました。

岡山のブルーラインを走っている途中、

001
道の駅「黒井山グリーンパーク」で小休憩。

002
なんだか不思議な乗り物が。

003
茄子でした[E:flair]

普通こういうのって動物じゃないですか[E:coldsweats01]


さて、早島ICから瀬戸中央自動車道へ。

鴻ノ池SAにドッグランがあるので寄り道したのですが、さすが日曜日。

小型犬[E:dog]が複数遊んでいたので入るのは諦めて先へと進みました[E:rvcar][E:dash]

004
瀬戸大橋を渡りま~す[E:note]

005
窓から見える景色です。


渋滞も無く、鴻ノ池SAで遊ぶことも出来なかったしで、

予定より早く実家へと到着しました[E:smile]

母にワン[E:dog]達を預けて、私と夫は近所のうどん屋さんへ。

006
私のチョイスは「冷たいぶっかけうどん大」と、

「たけのこの天ぷら」「ちくわとカニカマの天ぷら」[E:flair]

久し振りの本場の讃岐うどん、美味しかった~[E:happy02]


昼食を終えて実家へ戻り、母も一緒にお出掛けです[E:note]

007
場所は 屋島 [E:flair]

008
駐車場へ車を停めて、

009
レッツゴー[E:note]

010
こもも[E:dog]の後ろは「血ノ池」

源平合戦の際、源氏軍が血刀を洗ったため、

池の水が真っ赤に染まったという話です。

今はもちろん赤くは無く、

011
蓮の葉だらけでした[E:smile]

先へ進むと、

012 
展望所へと出ました。

013 
見える景色は・・・どこだろう[E:sign02]

私には分かりませんでした~[E:sweat01]

014
道なりに歩いていくと

015
ところどころ、こうして開けた場所がありました。

016
屋島寺の前まで来て。

017
お寺の敷地内がワン[E:dog]連れOKかどうか確認していなかったので、

この門だけ通らせてもらって左手の屋島山上商店街へと足を向けました。

018
あちこちに「瓦投げ」の小さな瓦が売っていたので一袋購入。

019
瓦投げの場所へ。

020
開運・厄除けになるそうです[E:flair]

021
出来るだけ遠くに、と思って投げるのですが、

あまり飛んでいかず すぐ下に落ちちゃいます[E:coldsweats01]

飛ばなくっても厄除けにはなるんだよね[E:sign02]

022
直径10cmくらいの小さな瓦。

袋から出しているとワン[E:dog]達はオヤツ[E:shine]と勘違いしていたみたいです~[E:coldsweats01]


長くなったので、続きは次回[E:paper]

posted by こもしば at 11:44| 旅行 | 更新情報をチェックする

2013年12月26日

山陰旅行♪ その9(最終回) ~ 松江城を散策 ~

12月15日~16日に行った山陰旅行記の最終回です[E:flair]

 

  その1 ~ 鳥取砂丘 ・ 道の駅 神話の里白うさぎ ~ 

  その2 ~ 道の駅 大栄 ・ 境港 ~ 

  その3 ~ 水木しげるロードを歩く vol.1 ~ 

  その4 ~ 水木しげるロードを歩く vol.2 ~ 

  その5 ~ 美保関のお宿に宿泊♪ ~ 

  その6 ~ 美保関から宍道湖へ ~ 

  その7 ~ 出雲大社 vol.1 ~ 

  その8 ~ 出雲大社 vol.2 ~ 

 

出雲大社をあとにして、松江市方面へ。

宍道湖畔は出雲へ向かった時の対岸側を走りました[E:rvcar][E:dash]

約1時間半後にやって来たのは

136
松江城跡。

こちらも

137
ちゃんとリードで繋いで歩く分にはワンコOKです[E:note]

138
さて、散策開始ですよ~[E:happy01]

139
石段を上って

140
少し進むと

141
門には早くも立派な門松が[E:flair]

142
国の重要文化財・松江城で~す[E:shine]

143
もなか[E:dog]は人が気になって落ち着きません[E:sweat01]

ここには

144
お客様の写真を撮ってあげている忍者が[E:wobbly]

145
何故かワン[E:dog]達に大人気~[E:heart01]

ちょっと意外でした。

今まで もなか[E:dog]は、フードをすっぽり被ったりしてお顔が隠れているような人相手には

よく警戒吠え[E:annoy]してたので、忍者さんのことも不審がると思っていたから・・・

 

城跡内を出て、「武家屋敷」と案内のあった方向へと歩きました。

146
そこで通り掛かったお店でちょっと休憩。

147
外の床几で ぶぶだんご を

148
いただきまぁ~す[E:note]

温かくて軟らかくて美味しかったです[E:catface]

149
「へるんの小径(こみち)」さん。

ご馳走さまでした[E:note]

150
お堀沿いを歩きました。

151 
書状集箱(ポスト)。

景観に合うよう明治時代の形のままのものを設置して、他のポストと同じように使われているそうです。

152
観光「堀川めぐり」の船が何隻も通っていました。

153
松の木のトンネルを抜けると

154
武家屋敷がありました。

尋ねると、ワンコ[E:dog]は抱っこでなら入っても良いとの事。

このコ[E:dog]達をずっと抱いて歩くのはしんどいので、残念ですがパス[E:paper]

もう少し歩いて駐車場へと戻りました。

 

あとは一路、姫路の自宅へ[E:rvcar][E:dash]

もう暗くなってこのあとは写真[E:camera]も無しです。

山陰旅行の最後は

155
松江城をバックにしたこのお写真[E:camera]で締めま~す[E:flair]

長々とした旅行記にお付き合いくださった皆さま、ありがとうございました[E:happy01]

 

posted by こもしば at 10:29| 旅行 | 更新情報をチェックする

2013年12月25日

山陰旅行♪ その8 ~ 出雲大社 vol.2 ~

12月15日~16日に行った山陰旅行記の続きです[E:flair]

 

  その1 ~ 鳥取砂丘 ・ 道の駅 神話の里白うさぎ ~ 

  その2 ~ 道の駅 大栄 ・ 境港 ~ 

  その3 ~ 水木しげるロードを歩く vol.1 ~ 

  その4 ~ 水木しげるロードを歩く vol.2 ~ 

  その5 ~ 美保関のお宿に宿泊♪ ~ 

  その6 ~ 美保関から宍道湖へ ~ 

  その7 ~ 出雲大社 vol.1 ~

 

銅の鳥居をくぐり、

115
拝殿へとやってきました。

・・・あれっ[E:sign02] 大しめ縄ってこの程度・・・[E:sign02]

イメージしてたより小さく感じてちょっと拍子抜け。

116 
ま、とりあえずパチリ[E:camera]

出雲大社は犬[E:dog]NGではないけれど、人の集まっているところへ一緒に行って

迷惑になっちゃいけないから、

117 
こもも[E:dog]と もなか[E:dog]には離れたところで待ってもらい、

私と夫は交代でお参りしました。

118
真下まで行くと、さすがに大きい[E:sign01]と思いました~[E:shine]

 

この拝殿の奥側に御本殿があるのですが、神聖な場所のため

一般の参拝客が間近まで行く事はできません。

119
八足門まで。

120
ここでもお参りしました。

121
次に

122
神楽殿へと足を運びます。

123 
この神楽殿のしめ縄が、長さ13.5m、太さ8m、重さ4.5tで

日本最大級の大しめ縄だったのです。

拝殿のしめ縄を見た時に物足りなく感じたのも当然でした。

124
すごいねぇ~[E:note]

せっかくなので真下まで行ってみましたヨ[E:scissors]

125
   [E:dog] どやっ[E:sign03]

日本犬[E:dog]と 大しめ縄。

雰囲気ピッタリでしょう~[E:smile]

126
そして

127
神牛像の前で[E:camera]

五穀豊穣にご利益あるそうです。

ちなみに右隣には神馬像があり、そちらは子宝・安産にご利益ありなのだとか。

 

銅の鳥居を出て、松の参道を歩いて駐車場へと戻ることにします。

来る時に見た『ムスビの御神像』とは参道を挟んで反対側には

128
『御慈愛の御神像』がありました。

因幡の白うさぎの神話の様子ですね。

こもも[E:dog]と もなか[E:dog]も大国主命に愛でていただきましょう[E:flair]

129

130 
頭 撫で撫で~[E:note]

 

駐車場まで戻りワン[E:dog]達を車内のケージへINしたあと。

私と夫だけで神門通りを歩いてみることにしました。

ちょっとお留守番しててね~[E:paper]

 

と歩き出すと、なんと また小雨[E:rain]が降りだしました~[E:sweat01]

まぁ、ワン[E:dog]達と一緒の時には止んでてくれたのがラッキーだったのよね・・・[E:coldsweats01]

131
一の鳥居である宇迦橋の大鳥居。

ここから真っ直ぐ

132
この神門通りを進むと、出雲大社の正門 木の鳥居があるのです[E:flair]

 

お土産物屋さんに寄ったりしながらブラブラ30分ほど歩いて木の鳥居まで来た頃。

133 
小雨[E:rain]も止みました。

ホント変わりやすいお天気ですねぇ[E:coldsweats01]

 

せっかくなので名物を食べたいと思い、

134
駐車場近くの そば処「八雲」さんで出雲そばをいただくことにしました。

135
三色割子そば。

ご馳走さまでした[E:catface]

 

さて、この旅行中に一番行きたかった出雲大社は堪能しました。

時刻は午後1時半。

あと1カ所 観光してから帰りましょう。

長々した旅行記ですがもう少しお付き合いくださいませ[E:wink]

 

続く[E:good]

 

ちなみにですが、帰宅翌日に発覚した驚きの事実

その日のブログに「一昨日・昨日で山陰地方を旅行してきました[E:note]」と書きました。

それを見た私の母からメールが。

 

「お母さんも昨日・一昨日と山陰に行ってました。島根県。」

 

エェ~ッ[E:sign02]

ナント、友人と参加したツアーで同じ日に出雲大社を訪れていたそうなのです[E:wobbly]

しかも時間的にも ほぼ同じ。

私達より30分~1時間程度早くだったらしいのです。

 

兵庫県に住む私と、香川県に住む母が、島根県でニアミスしてたって・・・

シンジラレナ~イ[E:sweat01]

 

posted by こもしば at 11:23| 旅行 | 更新情報をチェックする

2013年12月24日

山陰旅行♪ その7 ~ 出雲大社 vol.1 ~

12月15日~16日に行った山陰旅行記の続きです[E:flair]

 

  その1 ~ 鳥取砂丘 ・ 道の駅 神話の里白うさぎ ~ 

  その2 ~ 道の駅 大栄 ・ 境港 ~ 

  その3 ~ 水木しげるロードを歩く vol.1 ~ 

  その4 ~ 水木しげるロードを歩く vol.2 ~ 

  その5 ~ 美保関のお宿に宿泊♪ ~ 

  その6 ~ 美保関から宍道湖へ ~ 

 

道の駅 秋鹿(あいか)なぎさ公園」を出て、約30分ほど。

少々強めの雨[E:rain]が降ってきました[E:down]

101 
フロントガラスに落ちる雨粒が見えますでしょうか。

もうすぐ目的地なのに~[E:sad]

 

ところがです。

10分ちょっとで目的地へ到着し、駐車場を探しているあいだも降っていたというのに、

車[E:rvcar]を停めワン[E:dog]達を降ろして歩き出す頃には

102
止みました[E:sign03]

103_3 
やって来たのは出雲大社で~す[E:flair]

さっきまで降っていたとは思えません。

104
雨雲は消え、青空が見えています~[E:wobbly]

これって日頃の行いが良いせい[E:sign02]

 

さぁ、正門である二の鳥居『木の鳥居』をくぐって参道を進みましょう[E:dash]

105
途中、心身を清めるための「祓社(はらいのやしろ)」が右手にあったのですが、

あまりの人の多さに素通り・・・ごめんなさ~い[E:sweat01]

 

三の鳥居である『鉄の鳥居』へ来るころには、

106
影がこんなに濃くなるほどの陽射し[E:sun]

107
『鉄の鳥居』をバックに[E:camera]

108
少し汗ばむほどの暖かさとなりました。

109
鳥居をぐくり松の参道を進んでいると右手の神苑に何か見えてきました。

110
「御柱御用」・・・3本の太く大きな木が立てられていました。

古代、高層神殿を造るために、遠くから川などを使って出雲大社まで大木を運んだというのを再現し、

昔のやり方と同じように機械を使わずここまで運んできて立てたもののようです。

111
こんなに高い(長い)ものを人力で運ぶって凄いですね~[E:wobbly]

 

その先にあったのは

112
『ムスビの御神像』

大国主命が両手を高く上げているポーズをマネして記念写真[E:camera]撮ってる人が多かったので、

113
もなか[E:dog]も~[E:smile]

 

さて、

114
四の鳥居『銅の鳥居』をくぐると いよいよ御本殿ですよ~[E:flair]

 

続く[E:wink]

 

posted by こもしば at 11:55| 旅行 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。